簡単操作でカルテをスキャンできます。バーコード印刷機能を使えばさらにスキャンの操作を簡単にすることができます。
連続スキャン機能も備えていますので、過去のカルテもまとめて取り込みが可能です。

画像スキャン画面

紙カルテ電子化システム 紙カルテをスキャン

 
紙カルテをスキャンする
スキャンする紙カルテをスキャナーにセットします。

dots_g

紙カルテをスキャン
単票スキャナ「片面」ボタンをクリックすると、自動的にスキャナーがカルテをスキャンします。

dots_g

紙カルテを電子化
スキャンが終わるとリストに表示されますので、患者番号と書類の種類を入力します。
以上で紙カルテの取り込みは完了です。

barcodeバーコード機能を使えばもっと簡単に取り込むことができます。

カルテにバーコード
バーコード付きカルテ(1号/2号用紙)を印刷することができます。
こちらを使うとスキャンした際に自動的に患者番号と書類の種類が入力されますので、より簡単に取り込むことができます。

バーコード付きカルテを使った運用例

バーコード付きカルテ 運用例

過去カルテ
一括取り込み機能

紙カルテ連続スキャン
過去のカルテもデジタル化したい!そんな先生のご要望に応える機能もご用意しています。
カルテの連続スキャンを行います。

連続スキャンを動画でチェック

スキャンしたカルテを原本に →

カルテ棚を整理する

過去カルテはすべてデータ化。 e-文書法に則って電子署名やタイムスタンプを付与し、取り込んだカルテを原本として扱うことができます。

検索ですばやくカルテを表示。カルテ棚に探しに行く手間が無くなります。 レセプトをチェックする際にも、過去カルテをすぐに参照できます。

カルテをどこでも。

往診先でもノートパソコンやタブレットでカルテを参照することができます。かさばる紙カルテを往診先に持ち出す必要はありません。 VPNサービスを使用すれば、複数の施設や医療機関で共有することも可能です。

よく頂くご質問

「ヒューマンかるてESR」についてよく頂くご質問への回答を掲載しています。 導入スケジュールもこちらに掲載しています。